• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

つぶやき

映画、舞台の個人的な感想☆

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOKKO-特攻-

  1. 2014/03/05(水) 10:27:12|
  2. 映画 ★★★★☆
  3. | トラックバック:0

TOKKO-特攻- [DVD]TOKKO-特攻- [DVD]
(2008/03/19)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る


2007年アメリカ/日本
ドキュメンタリー

日系2世のリサ・モリモト監督による特攻隊に関するドキュメンタリー
ご自身の叔父が元特攻隊であったことを知った彼女はそれまで自分が持っていた日本の特攻隊のイメージ(自爆テロリストのように思っていた)と自分が知っている叔父の温和なイメージが余りにもかけ離れているので、興味を持ったことから調べ始めたお話をドキュメンタリー映画としています。
叔父はすでに他界しているので直接話を聞くことができずに手当り次第に特攻隊について調べる


って、、、、
永遠のゼロやん

と思ってしまった。

内容は
よく出来てると思います。もちろん、目新しいことはないけど、監督自身が感じているように海外では特攻=自爆テロと思われがち。
でも実際は特攻として死んでいった若者はみんなそれぞれいろんな思いを抱いていたと。
海外の方に少しでも理解してもらえるのでは? って内容です。

元特攻隊の方、4人がいろいろとお話されます。
この4名のかたは著名な方らしく他にも多方面でインタビューされたりしているようです。
江名武彦氏(予備学生 偵察)、上島武雄氏(予備学生 操縦)、中島一雄氏(乙種予科練 偵察)、浜園重義氏(丙種予科練 操縦)
立場の違う4名の特攻として出撃する時の気持ちなど細かくお話されていて、こんな風に思っていた人もいたんだ!!と衝撃的な話もありました。

特攻にアタックされた元米兵のお話もありました。アメリカも追いつめられれば同じようなことをしたかもしれない、、自国を守るために!!との発言があった。ま、その通りでしょうね、、当時はそういう精神だったのでしょう。それぞれ個々のバックボーンはともかく国を守るって精神はあったんだと思います。
あ、、、そしてジョン・ダワーさんも出てました(日本の大戦前後史をよく書いてらっしゃいます)

よかったですね。
ついでに、、、たまに変なアニメが出てきてましたが、、どうなんかな?まぁあれはあれでいいのかな?

4人の元特攻の中の一人が戦争が終わった時に
「生きていることが信じられなかった、どうすればいいかわからなかった」っておっしゃってました。
特攻の候補に挙がった時点で死んだものと自分では思ってたんですよね、改めて命を与えられてもどう扱えばいいのかわからなくなりますよね。

でも
でも
こういう時代を過ごした人達の方が命の尊さを実感して、大切に人生を生き抜くことができてる、、、ともいえるのではないでしょうか。


ベタな感想ですが、二度と絶対に戦争はダメです。









スポンサーサイト

トワイライト

  1. 2014/01/24(金) 10:44:10|
  2. 映画 ★★★★☆
  3. | トラックバック:0
トワイライト 初恋 [DVD]トワイライト 初恋 [DVD]
(2011/11/25)
クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン 他

商品詳細を見る


2008年アメリカ
クリステン・スチュワート、ビリー・バーク、アシュリー・グリーン


おもしろい、おもしろい、、よかった♪
しかし!!!! 観終わった後に夫は一言 「でも、エビは超えれんなぁ」と(笑
エビ=第9地区ね♪

ま、でもおもしろかった
予備知識なしで観たので、、最初っからエドワードが死んでるのかヴァンパイアなのか、、そこからわかんなかった。
ファンタジーであり、適度にロマンスで適度にアクションもあり、惹きこまれる作りになってましたね。

ヒロインもめっちゃ美人ってわけでもない普通の高校生。
アメリカの田舎の高校ってこんななんかなぁ?
って部分も楽しめました。

シリーズものらしいので、続編も楽しみです。



第9地区

  1. 2013/12/04(水) 18:53:19|
  2. 映画 ★★★★☆
  3. | トラックバック:0
第9地区 [DVD]第9地区 [DVD]
(2010/11/23)
シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ 他

商品詳細を見る



2009年アメリカ
シャルト・コプリー、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド


やられた~~~~
マジやられた、面白かった~~~

開始5分、ドキュメンタリー風の導入がなんか気に入らなくって、もしかしておもんない映画なの?どうしよう、どうしよう、って思ってたら、、はまっちゃいましたわ。
特にイケメンでも渋くもない主人公、、これがまた性格も悪いっちゅうか、エイリアンの胎児を始末するときに「ポップコーンみたいにはじけちゃって~~」とかってもう卑劣な感じ、、
エイリアンはエイリアンで気持ち悪いし、大体宇宙船に乗ってやってくんのに何でこんなにアホなんよ、、って感じだし。

でも、、それが後半に裏切られて面白い。

エイリアンの子役が出てくるところがいいんですよね。。。
エイリアンに感情移入しちゃうんですよね。最後はエイリアンの味方になっちゃってて、、
クリストファー、、頑張るんだ!!

なんて思ってましたから。


後半のやりすぎでは?ってほどの怒涛のアクションも面白かったし、、
いいですね、、意味ない映画では久しぶりのヒット♪

意味ないって言いながらも舞台が南アってとこには意味があってアパルトヘイト政策が反映された作りになってます。
エイリアンの住む第9地区は上空から見るとツォツィを思い出させます。





テーマ:お気に入り映画 - ジャンル:映画


ジャンゴ 繋がれざる者

  1. 2013/09/02(月) 10:47:15|
  2. 映画 ★★★★☆
  3. | トラックバック:0
ジャンゴ 繋がれざる者 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]ジャンゴ 繋がれざる者 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
(2013/08/07)
ジェイミー・フォックスクリストフ・ヴァルツ

商品詳細を見る
2012年アメリカ
ジェイミー・フォックスクリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ


おもしれ~~
予想外に面白かった♪ おまけで★5つにしたかったほど♪

以前に観たタランティーノ監督と言えばキルビルなんですが、面白くなかったんですよね~~
だから、本作も全く期待してなかったんですが、デカプリオが悪役を頑張ってるってことで観てみました。
結果、、裏切られて、、面白かった!!

よく言われるタランティーノの特色
流血とかが過激、、、せりふが面白くてキャラが生きてる、、、ユーモアがちりばめられてる

らしいが、全て網羅してますね。
ここまでエグイ表現せんでもよろしいやん、、、っていうくらい皆さん過激な死に方でしたし。
ユーモアがそこここにちりばめられてて、思わず笑ってしまうシーンあり。
タランティーノが突然吹っ飛んだところと、ラストのミス.ララがジャンゴに撃たれて吹っ飛ぶシーンも笑ってしまいました。

そんなユーモアを散りばめながらも残忍な人間を人間として扱わない奴隷制度を「これでもか」ってほど残忍に描くところに彼の問題提起を感じさせます。
それでいて、やっぱり中心はジャンゴ(ジェイミー・フォックス)と妻ブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)のピュアのラブストーリーであり、ラストのお茶目な2人の表情でむごい銃撃シーンを少し和ませてくれます。
でも、少しですね。やっぱり血が多すぎ、、、、目を覆いたくなる。

ディカプリオ
やっぱり上手いよね~~♪ 悪役も出来るんだ、、、いい具合に年齢を重ねてきたので、これからも活躍できるでしょうネ♪
黒人執事のスティーブンもかなりいい味出してましたね♪






ダウン・バイ・ロー

  1. 2013/08/04(日) 15:34:24|
  2. 映画 ★★★★☆
  3. | トラックバック:0
1986年アメリカ
トム・ウェイツ、ジョン・ルーリー、ロベルト・ベニーニ


Down by Law 意味は刑務所のスラングで「親しい兄弟のような間柄」
いいですねぇぇぇ、独特の空気が映像の中にかもし出されています。
オープニングの曲がいい。トム・ウェイツの曲らしいけど(何て曲だろう、また聴きたいな)モノクロの同じ風景の街中をずっと流すのにめっちゃ被ってる。

あり得ない展開で獄中に入る3人、この3人のやりとりがたまらない。思わずくすくすと笑ってしまう。
一番のシーンは“I scream,you scream,we all scream,for ice cream”の大合唱、、、
いつまで続くねん!!と突っ込みたくなるほどの大合唱が看守達が来て怒られることで止まるんだけど、一度も登場していない他の部屋の人たちにもちゃんと伝わっていて他の部屋からはまだ大合唱が続いてる。

そして、これまたあり得ない展開で至極簡単に脱走でき、さ迷う3人。
うさぎをつかまえてきて料理するロベルト(ロベルト・ベニーニ)ほかの2人は喧嘩してどこかをさ迷いながらも結局迷って帰ってくるんだけど、その間にロブはずーーーっと独り言をつぶやいてる。
母のこと、家族のこと、ウサギ料理のこと。

ある人が解説してましたが、ロブはいさかま師なのに猜疑心が全くなく、ザック(トム・ウェイツ)とジャック(ジョン・ルーリー)の接着剤のような役割をしている。そして最後は素敵な女性と出会い、安住の地を得る。
それに比べてほかの猜疑心の塊の2人は最後まで道をさ迷い歩く。
なるほどねぇぇぇって感じですね。

最後のシーン、人の服(ニコレッタのおじさん)なのになぜか取り替えっこして、かと思えば握手をすることもなく別れる二人。
いつまでも別々の道を歩いていきましたね、あの道、、、また合流するのかなぁ?なんて思ってたらエンドロールになっちゃった。
私だったら右に行くかな?左に行くかな?もとに道を戻るかな? 
どうでしょうね、、、、、どっちに行けば安住の地にたどりつくことができるんでしょうね、謎ですね。











テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。