つぶやき

映画、舞台の個人的な感想☆

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでもボクはやってない

  1. 2008/07/29(火) 15:29:52|
  2. 映画 ★★★★☆
  3. | トラックバック:0
2007年日本
加瀬亮、尾美としのり、山本耕史


たまたま乗り合わせた電車で痴漢と間違えられ、つかまってパトカーに乗せられた主人公、、、
意味わからぬまま「認めるとすぐに帰れるよ」って、、、
何なん?
痴漢は推定有罪らしい。
作中、取り調べをしてる刑事が「もしかしたらやってないかもね」「仕方ない」って風な会話してるシーンがありました。
どうして痴漢冤罪はなくならないのでしょう。
冤罪に一瞬でも巻き込まれただけで人生が終わってしまう人もいるのです。
たまたま乗り合わせた電車が悪かった、それだけで人生が終わってしまうんですよ。
意味わかんない。

たんたんとストーリーが進みます、たんたんとしたところがリアリティを感じさせます。かなりよろしいい。。



スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画


ロレンツォのオイル 命の詩

  1. 2008/07/27(日) 15:20:58|
  2. 映画 ★★★★☆
  3. | トラックバック:0
1992年アメリカ
ニック・ノルティ、スーザン・サランドン、キャスリーン・ウィルホイト


自分の愛する子供が不治の病になればどうします? 不運を嘆き、子供最後を何とか看取ってあげようと思います? 奇跡が起きないか、、と神頼みします?
私には今現在、子供がいないので何とも想像できません。
この作品は実話ベース、実話を淡々と時系列に作っています。
スーザン・サランドン演じる母が狂気的ですがそれほど深い愛情を息子に注いでるってことでしょう。

とても自分にできることではありませんが、とても深い感動を覚えます。
予備知識なしで観るべきでしょう、



テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画


幸せのちから

  1. 2008/07/19(土) 18:15:26|
  2. 映画 ★★★☆☆
  3. | トラックバック:0
2006年アメリカ
ウィル・スミス、ブライアン・ホウ、ジェイデン・クリストファー


展開が中途半端な気もしましたが、やはり胸をえぐられる気分を味わうシーンもあり、ほろ涙。
サクセスストーリーじゃないんよねぇぇ
小さな小さな幸せなんね♪


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画


アラバマ物語

  1. 2008/07/17(木) 18:20:18|
  2. 映画 ★★★☆☆
  3. | トラックバック:0
1962年アメリカ
グレゴリー・ペック、ロバート・デュヴァル、ジョン・メグナ


重いテーマ、、、ですよね?
でも前半は屈託ない子供たちの笑顔であふれてます。
グレゴリー・ペックの演技がよかったなぁ



テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


スウィート・ノベンバー

  1. 2008/07/13(日) 17:54:24|
  2. 映画 ★★☆☆☆
  3. | トラックバック:0
2001年 アメリカ
キアヌ・リーブス、シャーリーズ・セロン


キアヌ・リーブス、、、、作品選べよ、、、の一つ(笑
切ない切ないラブストーリーだろうと思いきや、、、まぁそうなんでしょうけど。
サラ(シャーリーズ・セロン)は残り少ない自分の人生を多数の人に綺麗なまま覚えておいてほしくて「あなたは○月の男」なんて言ってるのでしょうか?
実際はそうじゃないと思うんだけどなぁぁあ
本当は本当に愛する人を残りの人生の中で見つけたかったんだろうけど、、でもつかまっちゃったネルソン(キアヌ・リーブス)がかわいそう。
ネルソンは本気でサラを愛してプロポーズして、不治の病と知ったら「看病する」って、当然ですよね。
本当に好きだったらジコチューでもいいから自分を最後まで見ててほしい。どんな姿になってもそばにいてほしいって、私なら思うと思う。
彼のために、彼を巻き込みたくないから、立ち去る。
なんて、、、不自然だと思います。

エンヤが効果を発揮してくれてますが、それのみ。




ブロークバック・マウンテン

  1. 2008/07/06(日) 17:16:08|
  2. 映画 ★★★★☆
  3. | トラックバック:0
2005年 アメリカ
ヒース・レジャー、 ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ


何とも切ないお話です。
カウボーイ二人がホモセクシャルとして結ばれてしまい、でも二人より添って生きていくことができずに苦悩するお話。
今のように同性愛が一般的に認知されてなかった時代に出会ってしまったイニス(ヒース・レジャー)とジャック(ジェイク・ギレンホール)。 イニスの苦悩の方が強かったのではないでしょうか、イニスは幼少時代に同性愛=悪とすりこまれ、そんな風に自分がなってしまったことへの苦悩を感じ、またイニスの妻アルマもイニスの同性愛不倫を知ってしまい、苦悩する、、そして離婚する。
慰謝料を払うため、そしてジャックとの逢瀬のためになかなか仕事にもつけずにどんどんと落ちていくイニス。
ほんとうに落ちていく~~~~って感じ。

大体、20年も年に数度の逢瀬の相手のことを思い続けて苦悩するだなんて、あり得ます?
何て純粋な二人なんでしょう。
ラストは同性愛者故に虐殺されたのでは?っていうジャックへの永遠の愛を誓い一人トレーラーハウスで暮らすイニス!!
やっと自分自身を認め、心穏やかに残りの人生を過ごすのでしょうね。

切なすぎ~~~~~




テーマ:洋画 - ジャンル:映画


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。