つぶやき

映画、舞台の個人的な感想☆

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガタカ

  1. 2009/03/26(木) 14:28:15|
  2. 映画 ★★★☆☆
  3. | トラックバック:0
1997年アメリカ
イーサン・ホーク、ユマ・サーマン、ジュード・ロウ


「適正者」と「不適正者」両者の間に厳格な差別がある近未来。「適正者」を出産するために出生前に遺伝子操作をしてるっていうんだから神への冒涜(なんて言っていいんでしょうか)
遺伝子操作は別としてこの適正者、不適正者という身分階級は今の世でも違った形でいろいろとありそう。
そして、適正者しかなれない宇宙飛行士を夢見るヴィンセント(イーサン・ホーク)が子供のころから何事もあきらめずにやり続けた粘り強さが彼の運命を変え、不適正者の壁を超えたのでしょうね。
その手助けをしたのが適正者と生まれながら自殺未遂を起こしてしまったジェローム(ジュード・ロウ)

ジュード・ロウが何とも言えず、、、、よかった。


スポンサーサイト

マトリックス

  1. 2009/03/23(月) 13:59:06|
  2. 映画 ★★★★☆
  3. | トラックバック:0
1999年アメリカ
キアヌ・リーブス、キャリー=アン・モス、ローレンス・フィッシュバーン


初めて観たのはどこかへいく飛行機の中、字幕がないのでちんぷんかんぷん。
それからDVDで2度目かな?
テレビでも放映されてたのを少し観たなぁ、、、、やっと中身が理解できてきました。しかし、2や3はいまだに意味不明。ついていけてません。
キアヌ・リーブスはかっこよかったですねぇ、彼は作品に恵まれてないけど、これはよかったね。
ローレンス・フィッシュバーンはこの後、CSIなんかに出てますがモーフィアスのイメージが強すぎて「博士」って呼ばれてても「モーフィアスやん」って突っ込んでしまいたくなるほど。
それほど、鮮烈な印象の映画でした。


テーマ:洋画 - ジャンル:映画


七人の侍

  1. 2009/03/15(日) 13:49:53|
  2. 映画 ★★★★☆
  3. | トラックバック:0
1954年日本
三船敏郎、志村 喬、津島恵子


日本映画の最高傑作と言われている作品。絶対に何度かは観ないとだめです、、、まだ1回目なのでよく理解できておりませんが、黒澤監督ってやっぱりすごい人なんだなぁぁと思いました。
私の生まれるはるか前に作られた映画、CGなしでこの映像は凄すぎ、、、、
でも音がねぇぇぇ聞き取りにくいので字幕必須です。



ツォツィ

  1. 2009/03/11(水) 09:47:11|
  2. 映画 ★★☆☆☆
  3. | トラックバック:0
2005年イギリス/南アフリカ
プレスリー・チュエニヤハエ、モツスィ・マッハーノ、ゼンゾ・ンゴーベ


ツォツィとは不良って意味、ギャングや犯罪者を表すスラング
そのまんまの少年が小さな小さな命と出会って大きく変わっていくお話ですが、、、、
イマイチ何かにかけてます。
わざとらしいのかなぁ?
少年の目の変化は素晴らしいって思いますが、ここまで荒んだ少年がそんなに簡単に変われるものでしょうかね?
穿って観すぎ?



テーマ:ヒューマン・人間ドラマ - ジャンル:映画


犬神家の一族(2006)

  1. 2009/03/05(木) 09:41:15|
  2. 映画 ★★☆☆☆
  3. | トラックバック:0
2006年日本
石坂浩二。加藤武、大滝秀治


リメイク
んんんんんん。
昔の方がよかったかなぁ?リメイクする必要あったの?ってくらいにたぶん、まったく同じ内容ですよね?
珠世って前は誰だったかなぁ?松島奈々子はうまいけどなんか違う感じがするし、、、
見比べてみないとだめですね

テーマ:邦画 - ジャンル:映画


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。