つぶやき

映画、舞台の個人的な感想☆

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI:科学捜査班 シーズン6

  1. 2012/10/22(月) 15:36:20|
  2. 海外ドラマ
  3. | トラックバック:0
2010年アメリカ
ウィリアム・ピーターセン、マージ・ヘルゲンバーガー


ニックの髪型が変わってた、、、前の方がいいよ、ニックってぼんぼんだったんだ、、、
と色々とパーソナルのバックボーンも面白いCSIですが、、、
少女が絡んだ事件の時のアメリカの高校生の苛め事情がちら見えした時、、、
アメリカって怖いなぁって思った。
いや、大体これってラスベガス、都会か何なのかわからない都市が舞台になってるから変な事件が多いんでしょうね。





スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画


輝く夜明けに向かって

  1. 2012/10/16(火) 09:23:30|
  2. 映画 ★★★☆☆
  3. | トラックバック:0
2006年アメリカ、フランス
デレク・ルーク、ティム・ロビンス、ボニー・ヘナ


実在のANC闘士パトリック・チャムーソのお話。
全くアパルトヘイト運動に興味なかったチャムーソ(デレク・ルーク)が誤認逮捕で拷問を受け妻も拷問を受けたことで自らANCの闘士になるってお話。
全体的にはすごくよかったです、、、が、前半が長すぎてちょっと間延びしてしまったかな?

普通に生きてる人がひょんなことからテロリストに身を投じることってあるんだなぁって思った。
心の流れを想像すると切なくなりますね。
もちろん、単純には黒人=善、白人=悪なんだけど、そこまで単純にはいかず、白人もやはりテロをくいとめるために一生懸命なんだし、もちろん黒人は自由を手に入れるために必死なんだし、、、
テロを食い止めるために必死に捜査して何にもない「シロ」の人物をテロリストにしちゃうんですもんね。
難しい。



誰も守ってくれない

  1. 2012/10/10(水) 14:14:22|
  2. 映画 ★★☆☆☆
  3. | トラックバック:0
2008年日本
佐藤浩市、石田ゆり子、松田龍平


勢いで★1つにしたかったほど、、、、
何なんでしょうか、この映画。
世間的な評判はまぁまぁみたいなんですけど、私的にはダメダメです。
リアリティなさすぎ!!
ある日突然、兄が殺人犯としてつかまり、加害者家族を守りますって警察官が自宅にいる中で母が自殺。
そして、父とは離されて一刑事(佐藤浩市)と逃避行する羽目になった少女!!
こんな経験して、目の前にある現実を現実として受け止めれない立場の少女が自分と一緒に逃避行しているおっさんの個人的なシチュエーションをくみ取って応援することなんて出来るわけがない。
なんといってもこの少女のきりっとしたまなざし!! あり得ない。

名優佐藤浩市に汚点をつける作品だと私は感じました。

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。