つぶやき

映画、舞台の個人的な感想☆

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おくりびと

  1. 2012/11/19(月) 15:19:00|
  2. 映画 ★★★☆☆
  3. | トラックバック:0
2008年日本
本木雅弘、広末涼子、余貴美子、山崎努


★4つでもいいかなぁぁぁ?????と非常に悩みます。
基本的にすごくよく出来てます。いいです。
やっとオーケストラで演奏できるようになったのに突然つぶれて職を失い、故郷に戻る大悟(本木雅弘)。
おいしい求人広告を見つけて採用してもらった仕事はなんと納棺師、、、納棺師って聞きなれない言葉ですよね。
今はこういうお仕事ないかもしれませんね。
うちの両親が亡くなった時も病院で死化粧はある程度施されていて、その後葬儀屋さんがきれいにしてくれていましたから。

モックン演じる納棺師大悟!!!
最初はとまどい、仕事が嫌になり、、しながらも次第に仕事に誇りを持つようになるんですが、、、モックン綺麗!!
納棺師の所作は舞踊のような感じがします。
決して流れを乱すことなく、綺麗に仕上げていく。舞踊のような納棺師の所作を見事に演じてます。モックンじゃないとだめですね、、これは。

周りを囲む出演者たちもよくって、笑いも程よく盛り込まれてとってもよかったのですが、、、

残念なのは妻(広末)の態度と納棺師をバカにする世間の態度。
あそこまで差別的な態度、、今でもあるんでしょうかね?
ちょっとリアリティに欠けてる気がして★4つならず、、、残念。


スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画


マイウェイ 12,000キロの真実

  1. 2012/11/08(木) 09:54:37|
  2. 映画 ★★★☆☆
  3. | トラックバック:0
2009年アメリカ
オダギリジョー、 チャン・ドンゴン、 ファン・ビンビン


オダギリジョーよかったですね。
ストーリーとしては実話なん?これ、、、と思わせるような作り。実話ではないし、時代考証も微妙におかしいけれども、ここにも戦争の犠牲になった若者たちがいます。
最初は朝鮮人=善、日本人=悪 と描かれてますが、微妙に変化していきます。そんなに単純じゃないよって。
辰雄(オダギリジョー)はいけ好かん軍人をうまく演じてますね、捕虜になり、生きるために変貌していくところとか。

キム・ジュンシク(チャン・ドンゴン)はなぜかずっと走ってましたね。
捕虜の収容所でも走ってませんでした? あんなの、、、、あり?



テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


耳をすませば

  1. 2012/11/06(火) 16:56:36|
  2. 映画 ★★★☆☆
  3. | トラックバック:0
1995年日本
本名陽子、高橋一生、小林桂樹


ピュアですね♪
かわいい♪
ごくごく一般的にどこにでもいそうな雫、そして中学3年生にしては超しっかりしてる誠司(って、これくらいしっかりしてる子世の中にはたくさんいるのでしょう、私が知らないだけで)
雫は誠司を応援しながらも何のとりえもない自分にいらだちを覚えたり、、、
何気ない一言、一言。ひとつの行動が若いなぁぁかわいいなぁぁって感じます。

こんな時代、私にもきっとあったんだろうなぁぁ
覚えてないけど(笑




テーマ:ジブリ - ジャンル:映画


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。