つぶやき

映画、舞台の個人的な感想☆

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千と千尋の神隠し

  1. 2013/06/29(土) 13:51:36|
  2. 映画 ★★★★☆
  3. | トラックバック:0
2001年 日本
夏木マリ、沢口靖子、入野自由


宮崎駿の代表作でしょうかね、、、、アカデミー賞とってますもんね。
ある日、不思議不思議の世界へ入り込んでしまった千尋と両親。
両親は欲に目がくらみ(おいしいものをガツガツ食べ)豚にされてしまい、、両親を救うために千尋がたくましく成長していく物語ですが、、、、本当に不思議な世界で不思議な登場人物(人物??)がたっくさんいます。
いろいろと助けてくれる先輩リンは人間じゃないんですよね、、、何なんっしょ?
基本、働いてるのはカエルですよね、、不思議不思議でした。

最初から千尋を助けてくれてたハクは実は昔、千尋が子供のころに落ちた川の神とわかりますが、2人には愛が芽生えて、、、そのおかげもあって最後、千尋たちは人間社会へ戻れます。

しかし、、、これで戻れなかったら「神隠しで行方不明」なんかえ?
ラストのシーンで父親の車が埃まみれになってたけど、実は引っ越し業者を放っぽらかして何週間も行方不明だったのですか?

そこらへんが何とも微妙でしたが、メッセージてんこ盛りの内容でしたね。

不思議不思議社会の登場人物すべてにメッセージが込められているのですね。
一つ一つ見つけて喜ぶ自分に気づき、はめられた感満載です♪

もう一度、じっくり見ましょう♪



スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:映画


ウォール街

  1. 2013/06/17(月) 16:17:26|
  2. 映画 ★★★☆☆
  3. | トラックバック:0
1987年 アメリカ
マイケル・ダグラス、 チャリー・シーン、 マーチン・シーン、 ダリル・ハンナ

勘違いしながら出世を目指す若手証券マンと冷徹な投資銀行家のお話。
時は日本もバブルに入る頃???? 主題歌を聞きながらオープニングを観てるとものすごく古い感がありますが、四半世紀ほど昔のお話なんですよね。

監督は資本主義の歪みに異を唱えたかったのでしょうが、実際はゲッコー(マイケル・ダグラス)にあこがれる若者を作り出してしまった、、、らしい作品です。

ストーリーはわかりやすく、毎日さえない電話営業している若手証券マンバド(チャーリー・シーン)がゲッコーと知り合い、気に入られ、かわいがられ出世していく、、成功が全て自分の実力であるかのように勘違いし、突き進み突然ゲッコーに裏切られる
ってな展開。

「バカな子」って感想しか出てきませんでした。
ダリアン(ダリル・ハンナ)がイマイチ好きになれないタイプだったのでこれ以上の感情移入は無理!!

株式投資に詳しい人が見たらもっと面白い作品なのでしょうね、、、私にはよくわからなかった、、、が続編も見ます(笑




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。