つぶやき

映画、舞台の個人的な感想☆

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トワイライト

  1. 2014/01/24(金) 10:44:10|
  2. 映画 ★★★★☆
  3. | トラックバック:0
トワイライト 初恋 [DVD]トワイライト 初恋 [DVD]
(2011/11/25)
クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン 他

商品詳細を見る


2008年アメリカ
クリステン・スチュワート、ビリー・バーク、アシュリー・グリーン


おもしろい、おもしろい、、よかった♪
しかし!!!! 観終わった後に夫は一言 「でも、エビは超えれんなぁ」と(笑
エビ=第9地区ね♪

ま、でもおもしろかった
予備知識なしで観たので、、最初っからエドワードが死んでるのかヴァンパイアなのか、、そこからわかんなかった。
ファンタジーであり、適度にロマンスで適度にアクションもあり、惹きこまれる作りになってましたね。

ヒロインもめっちゃ美人ってわけでもない普通の高校生。
アメリカの田舎の高校ってこんななんかなぁ?
って部分も楽しめました。

シリーズものらしいので、続編も楽しみです。


スポンサーサイト

タクシードライバー

  1. 2014/01/21(火) 09:48:18|
  2. 映画 ★★☆☆☆
  3. | トラックバック:0


1976年アメリカ
ロバート・デ・ニーロ、シビル・シェパード、ジョディ・フォスター


名画、、と言われてますよね。
ロバート・デ・ニーロはやはり、すげぇな、、と思った。ジョディ・フォスターの映画デビュー作?(よくわかんないけど、若い、、つか子供)
ただ、よくこの映画を観て「共感できる」って聞きます。トラヴィス(デニーロ)が鏡の前でつぶやく「You taking to me?」ってシーンを真似たとか、、聞きます。

でも私は共感はできなかったなぁ
バックボーンがよく伝わってこなかったけど、都会でタクシーを転がしながら自分のアイデンティティを探し続けるものの見つからず、でかいことをやらかしてやろう!!
ってストーリーは現代社会でよく見かける「誰でもいいから人を殺したかった」という無差別殺傷事件としかつながりません。
なぜ、このトラヴィスに皆が共感するのか、わからない。

だめでした。


とはいえ、、、デニーロの演技は最高!!



ベンジャミン・バトン 数奇な人生

  1. 2014/01/16(木) 10:56:34|
  2. 映画 ★★★☆☆
  3. | トラックバック:0
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]
(2010/04/21)
ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット 他

商品詳細を見る


2008年アメリカ
ブラッド・ピット、イライアス・コティーズ、タラジ・P・ヘンソン


あらまぁぁぁ
ブラピって知りませんでした。何も知らずに観るって面白いですね(恥
奇異なスタイルで産まれたベンジャミン、、長くは生きられないであろうといわれながらすくすく(??)成長し、突然ブラピになったので、びっくりした~~
原作はギャッツビーの人なんですよね、短編小説なのにこんな長丁場にしちゃう脚本家も凄いですね。
デイジーが死の間際に娘に昔話を語るところなど「いつか眠りにつく前に」を思い出させますが、ま、いいでしょう。
全然設定も違いますしね。

ベンジャミン、、、
最期はゆりかごの中でデイジーに看取られたけど、幸せだったのかなぁ?
デイジーはどうなんだろう?
切ない~~って感じるところはギャッツビーだ♪

なかなか、面白かったので原作も読んでみます♪



テーマ:洋画 - ジャンル:映画


君のためなら千回でも

  1. 2014/01/14(火) 10:27:51|
  2. 映画 ★★★☆☆
  3. | トラックバック:0

君のためなら千回でも [DVD]君のためなら千回でも [DVD]
(2010/02/26)
ハリド・アブダラ、ホマユーン・エルシャディ 他

商品詳細を見る


2007年アメリカ
ハリド・アブダラ、アリ・ダネシュ・バクティアリ、アフマド・ハーン・マフムードザダ


残念です。
とても残念です。
原作が近年まれにみる感動作(ここ数年では1番、、2番は永遠のゼロ)だったので、とてもとてもとても期待してました。既に観た友人からは「原作通りの内容」って聞いてたので余計、、、期待しまくってました。(それがダメだった?)

何ていうのかなぁ?結構長い原作を2時間にまとめるのは無理があるのは理解できます。多少、展開的に端折る部分も出てきて当然でしょう。
でも、大切な部分が端折られてたりして、原作を読んでない人にはどういう風に写るんだろう?って不思議でした。
ハリポタみたいな感じかな?

原作を読んでると古きよきアフガニスタンの素敵な風景がよぎります(もちろん行ったことも見たこともないけど)文章がものすごく綺麗なんです(これは翻訳能力が秀でてると思われる)
原語もアフガニスタン人が英語で書いた小説なので読みやすいらしいです(もちろん、読めませんが)
アミールにとって凧揚げで一番になることが何故大切か、戦利品を家に持ち帰ることがどんなに重要か、そしてそのためには友人(心の奥底では使用人としか思ってないけど)を裏切ることも致し方なく、、でもその罪は20年後に半殺しの目に合うという贖罪
こういう細かいところが描かれてなく原作をなぞってるだけってイメージでした。

そして、私が原作を読んで嗚咽したシーンが、、、端折られてた(涙

要するに監督の描きたかったことは私が原作で感じたものとは別のものだったんですよね。
ハッサンが命がけでアミールに尽くしたことでハッサンの息子がアミールに命がけで守られる、ここにもぐるぐる回るものがあって、、ラストにソーラブがほほ笑む♪
これはこれで原作を知らない人にはいい映画だったのかもしれません。




テーマ:個人的な映画の感想 - ジャンル:映画


ビッグ

  1. 2014/01/09(木) 20:29:16|
  2. 映画 ★★★☆☆
  3. | トラックバック:0
ビッグ [DVD]ビッグ [DVD]
(2010/06/25)
トム・ハンクス、エリザベス・パーキンス 他

商品詳細を見る

1988年アメリカ
トム・ハンクス、エリザベス・バーキンス、ロバート・ロジア


全く内容を知りませんでした。こんな映画だったんだ~~~
まぁ面白かった、ファンタジーというかなんというか、、、
もともと設定があり得ないので、なんでこんなに簡単に就職できるんだ? とかマンション借りれるんだ? とか最後に子供に戻ったあと、あのマンションの後片付けは誰がやったんだ? とか考えない方がいいです。
こちらも子供の気分で観る方が楽しめるでしょう。
トムハンクス、めっちゃ若い!! いいキャラしてますね♪




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


永遠の0

  1. 2014/01/07(火) 09:59:10|
  2. 映画 ★★★★★
  3. | トラックバック:0
2013年日本
岡田准一、三浦春馬、井上真央


百田尚樹さんの原作を映画化したものです、絶対に映画館で観なければ~~~~
と、行ってきました。
原作を読んで感動した人は原作と比べがちです、、、この映画も2時間にどうまとめるのか、、、と思いながら観ましたが!!
私的には原作よりよかったです。
もちろん、原作もここ数年で2番目くらいに感動した作品ですが、百田さんの放送作家故の性でしょうか、大衆受けするようなラストになってるんですよね。
伏線をいろいろとはっておいて最後に紡ぎ合わせて「どうだ、、、百田だぞ~~」って(笑
思わず、百田さんのしたり顔が浮かぶような、、、

映画はそういう百田さんのずるい手法とかがすっきりとそぎ落とされて(百田さんごめんなさい、、十分感動してますよ)焦点をうまく家族愛に絞りこみ、作りこんでました。
たとえば、、某新聞記者が出てこずに合コンシーンでまとめてたところとか、、大石君(今のおじいちゃん、、夏八木)が生きていて真実を証言することで不要な伏線をそぎ落とせてたとこ、、など。
戦闘シーンのCGも迫力満点!!
桑田さんの唄も当然のことながらマッチしてましたし。
いうことなし、、、、

とは言え、、、
現代シーンの三浦春馬の演技がオーバーなのがちょっと鼻についた。
宮部が大石と搭乗機を交換した時に残した写真とメモ、、これは嫌でしたね、他に方法はなかったのかな?
大石がおばあちゃんと結ばれていく過程も少し陳腐感がありました。



など、、、いけてないシーンももちろんあったのですが、原作を超える映画は初めて観たってことで★5つ
上映後、拍手しそうになった(笑
涙じゅるじゅるやったけど、、隣に座ってた推定60代のおじさまもじゅるじゅる泣いてはった。
いつもがらがらの映画館が満席だった、、、いい映画でしたね、また観たいです。






テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画


ゲド戦記

  1. 2014/01/02(木) 00:06:15|
  2. 映画 ★☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
ゲド戦記 [DVD]ゲド戦記 [DVD]
(2007/07/04)
ウォルト ディズニー スタジオ ホームエンターテイメント

商品詳細を見る


2006年日本 ジブリ
岡田准一、内藤剛志、菅原文太


何なんでしょうかこのアニメは、、、、宮崎吾郎さんの監督デビュー作らしいですが、何を伝えたかったのでしょうか?
ところどころで父親の作品の面影を感じたり、、でも、町並みはすごくきれいに描かれていて、、

だけども、余りにも意味のない作品です。
大体アレンはなぜ父親を刺したの?父親殺しのアレンがなぜのうのうと生き延びてるの?
ストーリーの展開とかも全く意味不明、、、原作を読めば理解できるのかと思ったりもしたのですが、それならば映画という作品にならないですよね。

本当に観ててばかばかしくなる作品でした。



テーマ:スタジオジブリ - ジャンル:映画


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。