FC2ブログ
  • 2018_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_12

つぶやき

映画、舞台の個人的な感想☆

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の0

  1. 2014/01/07(火) 09:59:10|
  2. 映画 ★★★★★
  3. | トラックバック:0
2013年日本
岡田准一、三浦春馬、井上真央


百田尚樹さんの原作を映画化したものです、絶対に映画館で観なければ~~~~
と、行ってきました。
原作を読んで感動した人は原作と比べがちです、、、この映画も2時間にどうまとめるのか、、、と思いながら観ましたが!!
私的には原作よりよかったです。
もちろん、原作もここ数年で2番目くらいに感動した作品ですが、百田さんの放送作家故の性でしょうか、大衆受けするようなラストになってるんですよね。
伏線をいろいろとはっておいて最後に紡ぎ合わせて「どうだ、、、百田だぞ~~」って(笑
思わず、百田さんのしたり顔が浮かぶような、、、

映画はそういう百田さんのずるい手法とかがすっきりとそぎ落とされて(百田さんごめんなさい、、十分感動してますよ)焦点をうまく家族愛に絞りこみ、作りこんでました。
たとえば、、某新聞記者が出てこずに合コンシーンでまとめてたところとか、、大石君(今のおじいちゃん、、夏八木)が生きていて真実を証言することで不要な伏線をそぎ落とせてたとこ、、など。
戦闘シーンのCGも迫力満点!!
桑田さんの唄も当然のことながらマッチしてましたし。
いうことなし、、、、

とは言え、、、
現代シーンの三浦春馬の演技がオーバーなのがちょっと鼻についた。
宮部が大石と搭乗機を交換した時に残した写真とメモ、、これは嫌でしたね、他に方法はなかったのかな?
大石がおばあちゃんと結ばれていく過程も少し陳腐感がありました。



など、、、いけてないシーンももちろんあったのですが、原作を超える映画は初めて観たってことで★5つ
上映後、拍手しそうになった(笑
涙じゅるじゅるやったけど、、隣に座ってた推定60代のおじさまもじゅるじゅる泣いてはった。
いつもがらがらの映画館が満席だった、、、いい映画でしたね、また観たいです。






スポンサーサイト

テーマ:映画★★★★★レビュー - ジャンル:映画




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。