FC2ブログ
  • 2018_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_12

つぶやき

映画、舞台の個人的な感想☆

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君のためなら千回でも

  1. 2014/01/14(火) 10:27:51|
  2. 映画 ★★★☆☆
  3. | トラックバック:0

君のためなら千回でも [DVD]君のためなら千回でも [DVD]
(2010/02/26)
ハリド・アブダラ、ホマユーン・エルシャディ 他

商品詳細を見る


2007年アメリカ
ハリド・アブダラ、アリ・ダネシュ・バクティアリ、アフマド・ハーン・マフムードザダ


残念です。
とても残念です。
原作が近年まれにみる感動作(ここ数年では1番、、2番は永遠のゼロ)だったので、とてもとてもとても期待してました。既に観た友人からは「原作通りの内容」って聞いてたので余計、、、期待しまくってました。(それがダメだった?)

何ていうのかなぁ?結構長い原作を2時間にまとめるのは無理があるのは理解できます。多少、展開的に端折る部分も出てきて当然でしょう。
でも、大切な部分が端折られてたりして、原作を読んでない人にはどういう風に写るんだろう?って不思議でした。
ハリポタみたいな感じかな?

原作を読んでると古きよきアフガニスタンの素敵な風景がよぎります(もちろん行ったことも見たこともないけど)文章がものすごく綺麗なんです(これは翻訳能力が秀でてると思われる)
原語もアフガニスタン人が英語で書いた小説なので読みやすいらしいです(もちろん、読めませんが)
アミールにとって凧揚げで一番になることが何故大切か、戦利品を家に持ち帰ることがどんなに重要か、そしてそのためには友人(心の奥底では使用人としか思ってないけど)を裏切ることも致し方なく、、でもその罪は20年後に半殺しの目に合うという贖罪
こういう細かいところが描かれてなく原作をなぞってるだけってイメージでした。

そして、私が原作を読んで嗚咽したシーンが、、、端折られてた(涙

要するに監督の描きたかったことは私が原作で感じたものとは別のものだったんですよね。
ハッサンが命がけでアミールに尽くしたことでハッサンの息子がアミールに命がけで守られる、ここにもぐるぐる回るものがあって、、ラストにソーラブがほほ笑む♪
これはこれで原作を知らない人にはいい映画だったのかもしれません。




スポンサーサイト

テーマ:個人的な映画の感想 - ジャンル:映画




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。