FC2ブログ
  • 2018_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_12

つぶやき

映画、舞台の個人的な感想☆

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュー・シネマ・パラダイス

  1. 2013/03/25(月) 13:32:18|
  2. 映画 ★★★★★
  3. | トラックバック:0
おまけで★5

1988年イタリア
フィリップ・ノワレ、ジャック・ぺラン、サルヴァトーレ・カシオ

切ないなぁぁぁぁぁぁの一言に尽きます。
劇場版と完全版ではかなり印象が違うらしく、私が観たのは完全版。
トトとエレナの後日談があるかないかの違い?
あのシーンがあるかないかではラストのシーンの受け取り方も全く違ってくるでしょうね。

アルフレードはどうしてトトに嘘をついてまで、トトに旅立ちをさせたかったのでしょうか?
トトの才能を認め(トトはたぶん、学校の成績もよかったんでしょうね)田舎の映写技師で終わってはいけない、旅立たねばならない!!
恋愛と言う一時の感情で人生を可能性を棒にふってはいけないって思ったのでしょうね。

そうして送られたトトは幸せだったのでしょうか?
映画人として大成功を納めたようだけど、30年たっても独身、誰とも結婚せず、、、横にいる女性は常に違う、、、ずっとずっとエレナを思い続けた30年。幸せなのかなぁ?
確かにあの時、エレナと一緒になれてたら、、、恋愛感情がずっと続いてたかどうかはわかんないし、例えば駆け落ちとかしてたらどこぞの田舎町でくすぶった人生を送っていたかもしれない。

そんなことを観終ったあとに、延々と考えさせられる映画でした。
ラストシーンのサルヴァトーレの表情が何ともいえず、、、よかった。
「アルフレードのせいで、、」って思ってた感情が消えていったのでしょうね。アルフレードのトトへの愛をふんだんに感じた瞬間でしょうね。




ところでこの純愛物語、ギャッツビーを思い出させますが、、、
男のめめしさと言うか純真さというか、、感じますね。
エレナはトト以外の人を好きにならないと言いながらなんとトトの幼馴染みと結婚してトトの故郷で暮らすという何ともビックリな人生を歩んでるじゃないですか。
ここらへんが男女の違いなんでしょうかね?




細部に盛り込まれている笑いもくどすぎず、いい感じ、、
印象に残るレアなシーンは
30年後にサルヴァトーレが故郷に戻った時に母が編み物をしてたのに、、玄関に迎えに行くために全てほどけていいったところ。
それから「俺の広場だ」って言ってた男が30年後も「俺の広場だ」って言いながら様変わりした広場の車をかいくぐりながら歩いていたところ。

名作と言われる作品にあまり共感を感じない私ですが、これはいいっすね♪
名作じゃ!!





スポンサーサイト



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。