FC2ブログ
  • 2018_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_12

つぶやき

映画、舞台の個人的な感想☆

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風立ちぬ

  1. 2013/09/29(日) 14:59:55|
  2. 映画 ★★★★★
  3. | トラックバック:0
2013年日本 ジブリ
庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊

賛否両論ある作品のようです、宮崎駿監督にとっては遺作、最終作。
私は好きですね。色々と奥深く考えねばなりません、、、今後も何度か観て考えようって意味もこめておまけで★5つ♪
主人公二郎の何とも言えぬ矛盾、妻菜穂子の矛盾。
見てる時は「何でそうなるのさ」と批判めいた思いがよぎりましたが、世の中矛盾だらけなんですもの、仕方ないですね。
二郎はゼロ戦を作る際にひたすら「美しいものを作りたい」という願望のみ。自分の作られたゼロがどういう風に使われるかはさほど深く考えていない。
妻にも美しさを求め、妻もそれにこたえて、仕事の邪魔を一切せずに病気がひどくなってきて美しい自分を見せることが叶わなくなった時点で姿を消す。
ばかげてる!!って思っちゃいますが、そんな矛盾が世の中にはあふれてるんだって思わされ、、、
宮崎さんはそんな矛盾を描きたかったのではないかと思いました。

矛盾を描く難しいテーマで子供向けではありませんが、夢の中でカプローニと対話しながら自分の心中を語ることで作り上げてるなぁって感じました。

今年はゼロ戦めいてますね。
年末には百田さんの永遠のゼロも公開されます。
両極端なお二人の作品がどのように両極端に描かれるか楽しみですね、、、百田さんの永遠のゼロ、、、原作を読む限りでは極端に宮崎さんと反対側にいるようには思えませんでしたが。


スポンサーサイト



.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。